監督:R・ラヴィ・クマール
出演:ヴィシュヌ・ヴィシャール、ミア・ジョージ、カルナーカラン
(2015年/ タミル語 / 139分)

【ジャンル】
SFファンタジー

<あらすじ>恋人との交際がうまくいかず、意気消沈する無職の青年イランゴーは、占い師の親友プリヴェッティに慰められていた。そんな2人の目の前に、ある日忽然と姿を現した青く輝く謎の機械。それは何と未来の科学者が2015年に送り込んだタイムマシーン。2人はタイムトラベルを使ったある商売を思いつき、それが大成功する。ところが彼らの「過去」での行動が、世間を恐怖に陥れている極悪人・コランデヴェールにかかわる、ある大問題を引き起こしてしまうことになる。

<見どころ>プロローグの近未来の科学実験シーンから、舞台は一気に現代インドへ。単なるタイムトラベル譚ではなく、そこには主人公の恋や、凄みのきいた悪党との戦いといったインド映画的な要素がうまく絡められ、いかにもインドらしいカラフルなSFコメディとなっている。爽やかなイケメン主人公を演じるヴィシュヌ・ヴィシャールと、一連のニューウェーブ作品への出演で近年頭角を現し、今やタミルで引く手あまたとなっているカルナーカラン、ビジュアルもキャラもまったく正反対の2人の絶妙なコンビネーションからも目が離せない。