監督: R・アジャイ・ガーナームットゥ
出演: アルルニディ、アビシェーク・ジョーセフ・ジョージ、サナント、ラメーシュ・ティラク
(2015/ タミル語 / 113分)

【ジャンル】
ミステリー・ホラー

<あらすじ>ラーガヴァン、スリニ、サジット、ヴィマルの4人の仲間は、デモンテ集落にある不気味な廃墟に肝だめしに向かう。その後、かつてその廃墟の主であったポルトガル人の資産家・デモンテ一家に起きた惨劇と、それにまつわるあるネックレスの物語を知ったラーガヴァンは、3人にそのストーリーを語りつつ、そっと告白する。あの廃墟で美しいネックレスを見つけた彼は、売ってカネにするためにそれを持ち帰っていたのだ。その時、誰かが部屋の扉をノックする音がー。

<見どころ>爽やかでコミカルなイントロダクションに安心してはならない。その後、デモンテの館にまつわる惨劇を知ってしまった主人公たちに襲いかかる数々の恐ろしい現象、ヒタヒタと迫りくるその恐怖は、観る者に一瞬の息をつく間も与えずにラストまでつづく。ちなみに、デモンテ集落とその不気味な館はチェンナイに実在しており、地元の人々に今も暗い影を投げかけているという。主人公たちがホラー映画を鑑賞する場面に、ジャパニーズホラーの傑作「呪怨」が登場するのは興味深いところ。